こんにちは、最近何もしてないプラグイン開発者、冬月ゆこです。
今回はEvE(Entity vs Entity)サーバーの「Stellar-OrderVS」のサーバー管理者の方にインタビューをさせていただきました。

ホームページ: https://stellar-order.club/

「Stellar-OrderVSとは?」

※編集の都合上敬称略とさせていただきます。

冬月: ということでサーバー管理/開発者であるもやさんにインタビューさせていただきたいと思います。
こんばんは(インタビュー時22:23)!

もやさん: こんばんは~

冬月: EvEサーバー、ということですが、どのようなサーバーなのでしょうか?

もやさん: ユニットを召喚・使役して相手チームの「ステラ」を壊すゲームです。
プレイヤー同士が直接戦闘できないのが特徴です。

冬月: なるほど、ユニットにはどれぐらいの種類があるんですか?

もやさん: 現在実装されているものだと15種類のユニットがいます。

冬月: かなりいますね。開発する上で思い入れのあるユニットはいますか?

もやさん: 個人的にはMANTIS(画像参照)ですね。
一番最初にモデリングをしたユニットなので、よく使っています。

↑MANTIS。サーバー内で俊敏に走り回る。

冬月: カマキリのような外見でカッコいいですね。
ステラオーダーVSのことについてはわかったので、次はこのサーバーの生まれたきっかけについて教えて下さい。

「このサーバーの生まれたきっかけ」

もやさん: 前身のサーバー(ステラオーダー)に必要なアップデート量が多くなり過ぎたので、いっそ作り直してしまおうといって生まれたのがステラオーダーVSです。
ステラオーダーは純粋なPvEサーバーだったのですが、全てのコンテンツや要素をこちらが用意しなければならず、モデリング等のタスクが膨大になりがちになったので、一部を改変し、半対人ゲーム(= EvE)に切り替えました。

冬月: 現在のステラオーダーVSの前身があったんですね…
ステラオーダーからプラグインを作り直す際に辛かったことや楽しかったことはありますか?

「開発に於いて辛かったこと、楽しかったこと」

もやさん: 辛かったことは、開発中にデバッガーが不足していたことですね。ほとんど自身のみでデバッグしなければならず、バグの修正が大変でした。
楽しかったことは、自分で作ったユニットを自分が思った通りに動かせることですね。 自分側・相手側からどう見えるか等を考えながら作っていると、いつの間にか朝になっていましたね。

冬月: 2チームに分かれてするゲームを一人でデバッグしていたんですね。
同じプラグイン開発者として尊敬します。ありがとうございました。
では、最後にこの記事を見ている方に一言お願いします。

「この記事を見ている方に一言」

もやさん:…(入力中)

冬月: (一言でなくてもいいですよ)

もやさん: マインクラフトのサーバーは開発・運用共に大変な反面、気軽に開発を始められます
マインクラフトが好きでプログラミングに少しでも興味がある人は、是非チャレンジしてみてほしいなと思います。

冬月: 今回はお時間を取っていただきありがとうございました!

もやさん: ありがとうございました。

— [インタビュー終了]

まとめ

今回は、現在日本のマインクラフトBE界隈内で最高の技術力を持っているであろう、「Stellar-OrderVS」に取材させていただきました。

実は私既プレイでして、他のPvPのようなサーバーにはない戦略性があり、面白いサーバーです。
自身を持っておすすめできるサーバーの一つです。

もやさんの言う通り、マインクラフトBEのプラグインは運営、開発は大変ですが、気軽に開発は始めることができます
興味のある方は「pmmp プラグイン」等のキーワードで検索してみてくださいね。

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。

P.S. アヤメちゃんかわいい